碧水鳥の巣@趣味全開ブログ

読み方「あおみどり」音楽や漫画、アニメ、映画を中心に紹介するよ

さよならの朝に約束の花をかざろう 感想 あらすじ

今日は"さよならの朝に約束の花をかざろう"の感想と大まかなあらすじ(ネタバレなし)について書いていきます。

 

 

f:id:sksct39:20180616205008j:image

 

 

 

 

こちらの作品は"あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。"や"心が叫びたがってるんだ。"の脚本をされていた岡田麿里さんが監督・脚本をされている映画作品です。

 

 

 

 

僕は上記の2作、通称"あの花"と"ここさけ"が好きであの花はアニメを全話観ましたし、ここさけも公開直後に映画を観にいきました。

 

 

 

 

個人的にものすごい期待を抱いて、今作も観にいきました。

 

 

 

 

自分の中でそこそこハードルが上がってしまっていた分、大したことなかったと思ってしまう気がしていたんですが、なんと期待を裏切らない面白さでした。

 

 

 

 

あの花やここさけと違って、国同士の紛争が絶えない世界でドラゴンが出てきたり、主人公の民族たちは長い時を生き長らえる一族であったりと、少し現実離れした世界観です。

 

 

 

 

それにも関わらず、キャラクターひとりひとりの喜怒哀楽が繊細に描かれていて、心に響いてくる内容でした。

 

 

 

 

内容構成も難しい話ではないので、誰でもアニメが好きであれば楽しめると思います。

 

 

 

 

[あらすじ](ネタバレなし)

人里離れたところに、ヒビオルという布に自身の日々を織り込んで生活するイオルフという民族がいた。彼らは若い状態で外見の成長は止まり、その後何百年という寿命を持っているために、別れの一族と呼ばれ、生きる伝説とされていた。

両親のいないイオルフの少女マキナは仲間に囲まれながら村で村長と穏やかな日々を送っていたが、幼馴染ふたりが両親と楽しそうに接する姿や、幼馴染ふたり同士が互いに想いを寄せている様子を感じ取ってしまったことで、孤独を感じていた。

そんな繰り返される毎日の中で、ある日国の軍がレナトと呼ばれる竜を連れて攻め込んできた。そして、少女や女性だけを連れ去ろうとし、ついに幼馴染のレイリアが連れ去られてしまう。さらにそれを救うためか、幼馴染でマキナが想いを寄せるクリムは行方不明に。

また、マキナ自身は軍の攻めてきた混乱からは逃げだせたものの、村から遠く離れたところに迷い込んでしまい、途方に暮れる。

そんな時、母親を失い、孤独になったばかりの赤ん坊に出会う。

そんな赤ん坊を見て、エリアルと名付け、マキナはひとりでエリアルを育てていくことを決意する。

ドンドン成長していくエリアル。対して、少女のまま姿の変わらぬマキナ。

同じ世界に同じように共に暮らしていながら、時の流れの違うふたり。

ふたりが互いを大切に想うが故のすれ違い。

果たしてふたりはどんな結末を選ぶのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、僕は映画館で観て、実際泣きました。笑

 

 

普段あんまり泣かないんですけどね。

 

 

年取って涙腺緩んだかなー笑笑

 

 

あの花を始めとして、岡田麿里さんの作品には毎回泣かされます。

 

 

今回も前2作に引けを取らないクオリティなのでぜひ観てみてくださいね!

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』オリジナルサウンドトラック

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』オリジナルサウンドトラック