碧水鳥の巣@趣味全開ブログ

読み方「あおみどり」音楽や漫画、アニメ、映画を中心に紹介するよ

モンスターハンターワールド 感想 買うか迷ってる人へ

本日は発売から1月半も経っていながら、まだまだ話題のモンスターハンターワールドをご紹介します。

 

 

 

 

f:id:sksct39:20180616204736j:image

 

 

 

僕自身のモンハンプレイ記録は、前作はモンスターハンタークロスで、その前はトライとセカンドGぐらいです。

 

 

一番やり込んだのはセカンドGで、逆にクロスは使用の変わり具合についていけず、飽きてしまったのもあって、上位にいったかどうかぐらいでやめました。

 

 

そんな感じでモンスターハンターワールドをプレイ。

 

 

割と久しぶりのモンハンで仕様もだいぶ変わっていたので驚きました。

 

 

もうゲーム内で細かいスキルポイントの計算やスロットの数などを数える作業をする気力はないので、その辺りひとつの部位防具で軽いスキルが付くのはとてもプレイしやすかったです。

 

 

また、ペイントボールがなくなって足跡などの痕跡をフィールドで見つけ出す事で導蟲という蛍のように光る虫がモンスターのところまで誘導してくれるようになりました。

 

 

同じモンスター2頭の討伐になるとどっちがどっちか見分けがつかなくのはやや難点ですが、それ以外はペイントボールを投げなくて済むのは楽です。

 

 

さらに、剣士とガンナーの装備が共有となったので、以前とは異なり、ガンナーは非常に使いやすくなりました。

 

 

さらに、任務という枠のクエストをクリアしていけばストーリーが進むのでキークエストをわざわざ手探りする必要がなくなったのもプレイしやすくなったひとつの要因ですね!

 

 

 

このように、3DSのモンハンでは〜スタイル?などと仕様がかなりややこしく複雑になっていたのが改善されて、復帰組には特にプレイしやすくなったように思えます。

 

 

 

またストーリークリアがハンターランクを上げていくと"歴戦"のモンスターを討伐するクエストが現れ、同じ上位でありながら、攻撃力だけが格段に上がったモンスターに挑むことができます。

 

 

 

比較的初参入や復帰組にプレイしやすいようになのか、モンスターの強さが易しめだったので、ベテランプレイヤーたちのためにこうした仕様にしたのでしょう。

 

 

 

また、トライの頃からと比較するととにかく武器は多種類となり、定番のモンスター達も動きが今作で変わっていたりしました。

 

 

 

 

このように、初参入や復帰組からベテランプレイヤーまで幅広い層のプレイヤーに適したゲームとなっています!

 

 

 

 

ぜひこれを機会にPS4モンスターハンターワールドを買って、ガンガン狩りに行きましょう!(ちなみに僕はほぼモンハンワールドのためにPS4買いました)